読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンドーム3枚重ねと「テンカウント」

『コンドームを3枚重ねる「潔癖男子」~白いワンピースを着て浜辺を歩く篠崎愛は、この世に存在しない!二村ヒトシ×川崎貴子@恵比寿【第1回】』
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46791
この記事を読んで、強く印象に残るのが、潔癖気味?の男性が「コンドームを3枚重ねようとした話」である。
これを読んで、BL漫画テンカウントを思い出した。私の潔癖症のイメージはほぼこの漫画で出来ているためだろう。

テンカウント (1) (ディアプラス・コミックス)

テンカウント (1) (ディアプラス・コミックス)

この作品は主人公城谷が潔癖症で、それをカウンセラー黒崎と治しつつ(黒崎、それは治療じゃないだろ!ということも多い気がしますが。)恋愛になる…みたいな話だ。黒崎は治療として、以下のような城谷が自分で設定した10項目を1つずつクリアする療法を使う。項目の数字が大きくなるほど、心理的な負荷がかかる。

1.ドアノブに触る
2.自分の私物に他人が触る
3.本屋で本を買う
4.電車のつり革を持つ
5.飲食店で食事をする
6.素手で人と握手をする
7.他人の私物を消毒せずに持ち歩く
8.飲み物のまわし飲み
9.部屋に他人が入る
10.??? 

もし相談主がこの10項目を設定するなら、8から10はコンドームの枚数が1枚ずつ減っていくことになるのだろうか?それとも別の項目が設定されるのだろうか?というくだらないことを考えて、土曜が始まりました。